本文へスキップ

伊奈町の歯科クリニック。ひらの歯科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.048-723-3568

〒362-0813 埼玉県北足立郡伊奈町学園3-47-2

 CTの必要性・重要性 The need, importance of the CT(Computed Tomography)

最新設備による安心・安全の治療のため歯科用CT(3D)を設置しています


歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で特に口腔、歯科領域の診断に絶大なる威力を発揮する機械であり、歯科では、主にインプラント治療の術前検査においてよく撮影されます。
そして、現在ではインプラント治療における術前のCT検査は世界的な常識となりつつあります。

しかし現在、
日本の歯科医院において歯科用CTを設備している医院は、大学病院や一部の歯科医院に限られており、全国の歯科医院の約1%未満にとどまっているのが現状です。
       3D装置 モデル

安全にインプラント治療をおこなうためには、治療前だけでなくインプラント植立後の状態もCT撮影をおこない、3次元的に計画通りインプラント治療がおこなわれているか検査することが、近年では重要視されています。


やはりインプラント治療を行う場合、自院に歯科用CTの設備がある歯科医院を選ぶことが大事だと思います。
また歯科院側からしても、症例数が多くないと高額な歯科用CT装置を導入することができません。
症例数を推測する上でも歯科用CT の有無は参考になると思います。


より正確な診断と、より安全な治療を提供するために

従来のX線写真では、2次元の平面での診断しかできませんでしたが、この歯科用CTでは3次元の立体平面画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られ、飛躍的に精度が向上しました。
     3D画像
       

  • 見えなかったものが見える

    一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになり、顎の内部構造なども正確に見ることができます。

  • 分からなかったことが分かる
    顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できるので、確かなインプラント治療を行うのに必要な情報を得ることができます。

  • 治療の安全性が広がる
    歯科用CTはインプラント治療だけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く様々な歯科治療に応用することができます。それぞれの治療内容において、より正確な診査・診断を行い、治療の安全性を高め、患者さまが納得のいく治療を提供することができます。

    歯科用CTでわかること

    • インプラント治療において
      インプラントを埋める部位の骨の質や厚み・形態、神経・血管の位置が正確に分かり、確実な診断が可能となります。
      それにより、インプラント治療の安全性が飛躍的に向上します。
      術中にもCT撮影ができることで、インプラントの位置や方向などの確認ができ、より安全・正確にインプラント手術をすることができます。


           ct画像

    • 歯周病治療において
      歯の周囲の骨の破壊の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。
      それにより、最善の治療計画をたてることができ、治療の予知性が高くなります。
    • 親知らずを抜く場合
      歯の位置や向き、また神経との位置関係が次元的にわかることで、抜歯が手際よく安全に行えます。
    • 根管治療において
      歯の根の先の病巣の状態など、通常レントゲン画像に比べてはるかに正確な診断ができます。
             

    • 照射量の軽減
      実行照射時間はわずか11秒で医科用CTに比べX線照射量は1/8〜1/50と大幅に軽減できます。



      当院では、より多くの患者様にもご利用していただけるよう、お気軽にお問い合わせください。
      また、歯科医院様からのCT撮影のご依頼も請けたまわっております。

Hirano Dental Clinicインプラントセンター併設
ひらの歯科医院

〒362-0813
埼玉県北足立郡
伊奈町学園3-47-2
TEL 048-723-3568